こたこめが、いいね!



一週間ぶりの訪問。

スリッパ(片方)どうぞの
こたろう、





しっぽパタパタ
こうめの、お出迎え。







来月14才の
じい様こたは、
おやつのジャーキーを貰って、






速攻ダウン。。。









6才のこめちゃんを膝にのせて、
マッサージ。

最初ビビりまくるけど、






恍惚状態。。。

表情セクシーすぎ。


just fit、にいいね!



まるで仕立ててもらったシャツを

羽織ったときのように

誰かと意見がピッタリ合う瞬間。




余計な説明もいらず

とても自然で

ディテールまでぴったりな感覚。




これって、とっても

心地よいのだ。










チャリ置き場のベンガルに、いいね!



65才くらいの、
いつもニヤついてる
ベンガル似のおじさん。


いつも使っている
自転車置き場のひとなんだけど。


みんなが慌ただしく
行き来しているなかで
いつものんび〜り、な雰囲気で。


僕も最初は
最小限の笑顔と会話で
挨拶したりお金渡したり、
してたんだけど。




あるとき、
いつものように
僕が自転車に鍵をかけていると。


「いやあさ、
俺カメラやってんだけどさ。


この前バッチリなギャル(?)が
歩いてたから、
『写真撮らしてよ』
って声かけたらさ、



やっぱその娘、モデルだったよ(ニヤリ)」。








朝からいきなりなんですかーー??









その日からベンガル、
会うたびに、




「その(自転車の)鍵、いいね。


俺でも30秒で開けられないわ(ニヤリ)





「おっと(ベンガルが手を滑らせて、
パイン飴ひとつ落とす)、


(そいつを拾って)


あんたにやるよ(ニヤリ)」。




うまく伝わらないと思うんだけど、
なんかいいんだわ、
ベンガル。


朝の喧騒とのギャップが絶妙に。




あぁ、

朝から他人の鍵、
褒めてもいいんだ。



目の前で落とした飴、
あげていいんだ。



脳がぐにゃんと
柔らかくなる感じ。




 そんなわけで、
毎朝ベンガルが
どんなニヤリ話をするのか
密かに楽しみな今日この頃。


今朝はパイン飴をなめながら
(ちゃんと個包装されてるからね)
よしっ!と会社に向かうのだ。